サービススイッチアーケードゲーム筐体の内部に付いているボタン。
1回押すと1プレイ分の料金を入れた事になる。コイン詰まり時やメンテナンス後などに使用する。
普通にお金を入れた時と違い、お金が何枚入ったかを数えるメーターは反応しないため、
閉店後にこれを押しまくって遊んだゲームセンター店員は多い。(断言)
昔は扉のすぐウラにスイッチがあったために思いっきり蹴っ飛ばすと衝撃でスイッチを押せてしまう
とんでもない台があった。

斉木「ミルキーガール」登場。カラオケBOXのバイト中に逆ナンされ、そのまま付き合う。(Hige)

斉田あそこの処方箋に登場。龍樹の中学時代の友人。…あー、でもこういう人、いるよね…。

斉藤なつめ白い唇の主人公。20歳。桃衣さん。

冴木くんはじめて物語の主人公。通称フリーズ君。(と呼ぶのはワタシだけ?)
攻略本を買うタイプの私としては他人事とは思えないんだなあ。

酒井春菜天使と魔女の主人公。矢島兄妹の親戚。N女子短在学。磨けば光るタイプだ!

佐柄きょうこ後藤羽矢子さんを語る上で欠かせない1人。後藤さんのアシスタント先。
今の後藤羽矢子さんがあるのはこの人のおかげかもしれない。皆の者、佐柄邸に向かって…敬礼ッ!!
あ、正しい読みは『さがら きょうこ』さんでした。情報有難うございます。  (J)・(Hige)

「困った女」に登場。ナマイキな年下系キャラ。(HIGE with T)

さくらんぼ桜桃とも。バラ科サクラ属の落葉高木、およびその果実。
観賞用のいわゆる『サクラ』からは食用になる果実は採れない。旬は短く、6月〜7月上旬。
贈答用に手詰めされたブランド品は高価で、1パック数千円はあたりまえ。
旬でない温室栽培品や5月の初物はさらに高価で、一粒1000円を超えるものすらある。(Hige)

作家柱さっかばしら。マンガ用語。雑誌掲載時に(主に)マンガの左端に付くコメントスペース。
読み飛ばしがちだが、凄いコメントが書かれている事もあり、見逃せない。
書くのが苦手なマンガ家や、必ずギャグを入れるマンガ家も。
どろどろした内容の場合は『ああ、きっと締め切り間際だったんだな』と理解するとオトナな感じ。

里親制度事情があり家庭で生活できなかったり、また保護者のいない児童を、
里子として家庭に迎え入れ育てる制度。里親には養育費、里親手当、医療費などが公費で支給される。
登録制で、知識・経験など、子どもを養育する力があると知事に認められれば、
夫婦でなくても里親になれる。里子である期間は原則的に満18歳の誕生日までだが、
高校卒業までは養育を続けることが可能。 (Hige)

サブリナラブタンシリーズ。単行本『ラブタンバリン2 花と琥珀』にのみ収録。
Hに明け暮れる女の子がいます。彼女の名前は、サブリナ。

サブリナラブタンバリンシリーズに登場。彼女がHに積極的な訳は…。元ネタ不明。くやしい。
百戦錬磨なのか、Hはなかなか上手い。

沙也「コングラチュレイション」に登場。保のイトコで亜也の妹。
亜也と正反対のナマイキ女で、亜也のものは何でも欲しがっていた(保、談)。
保を「たもっちゃん」と呼ぶ。(HIGE with T)

更ちゃん『可もなく不可もなく』の主人公。ある意味貪欲な女性と言える。

沢田さんリベンジkissの主人公。高校生になって再会した男子に翻弄される。

サンデーGX『ふぁみれす』が連載された月刊誌。
現在は『アバターえくぼ』を連載中。
萌える男子をテーマにした4コマ特集、という企画時の、
『弟萌えの前科者が新境地に挑む!後藤羽矢子』っていうアオリはどうよ…。
他にも、『漫画家に聞くズバリ!性に目覚める映画!』など、
どうも漫画家いじりが得意な編集さんがいるらしい…?

サンマー麺川澄あゆこと山岸やよいが食事をしていたラーメン屋には、
『サンマー麺』なるメニューが掲げられている。どっちかと言うとレアなメニュー。
横浜発祥のラーメンでモヤシたっぷりあんかけラーメンを指す。
漢字で書くと『生馬麺』。サンはシャキシャキした食感を、マーは上に乗せるの意味。
昭和20年代にあんかけ麺である広東麺よりも安い物を、とモヤシを増やしたのが始まり。





GHC女の子パヤパヤ発行の同人誌。『後藤羽矢子クロニクル』の略。成年向け。
化粧品会社でもプロレス団体でもない。後藤先生が、自身の作品について語ったセルフ解説本。
2000年5月のvol.1では95年10月号のデビュー作『二人の一線』から
96年10月号『コングラチュレイション』まで13本のCOMICパピポ掲載作を取り上げている。
また『みつめてほしい』の続編『みつめていたい』も収録されている。
(同作はその後単行本『オレンジ色の花』に収録)
vol.2は出てないけど、作品が単行本にきちんと収録され、vol.2が必要なくなるのが一番だよねっ!(キラーン)  (Hige)

シード・マムラブタンシリーズ用語。惑星ラウルスで言うところの、『父親』。シー・マとも。
惑星ラウルスでは母親とムスメのHは禁じられているが、
父親(シードマム)とムスメとのHは認められている。

SHIKISOの心理学コミックパピポに掲載。耳年増シリーズ第3話。
処女で耳年増な保健医にライバル(?)登場…。…ピンク、か…(遠い目)

歯垢しこう。プラークとも。細菌とその代謝物からなり、
硫黄酸化物や酸を作るため虫歯、口臭の原因となる。
この細菌の繁殖スピードは速く、1日で10の8乗倍にもなる。
おおよそ2日放置すると唾液中のカルシウムと結合、石灰化を起こして『歯石』にレベルアップ。
こうなると歯ブラシでは除去出来ず、歯科で削り落とす事になる。なお、口臭の原因の多くは歯垢と歯石。
半年に1度歯科での『歯石取り』をおすすめする。(本当にサッパリします)

自己ギセイ姦自分を性的犠牲にすることで他者を救う類のH。
強姦でも和姦でもないのがポイント。「ふたりでいれば」で水遠が、(以下あぶりだし)
苦境にあった木遠を助けるために、木遠が約束していた乱交の身代わりを引き受けたことを言う。(Hige)

48手手ぬぐいHの体位48種を染め抜いた手ぬぐい。そもそも48種と言われるが、
中には明らかに無茶な格好もあるので注意。昔、仕事先の先輩(女性)が一番好きな体位を聞かれて、
ブリッジした男性の上にまたがってする体位』と答えていた。乗馬じゃないんだから。
(その彼氏をほめるべきか?)

師匠「ぎゃんぶる太平記G」に登場。本名・北野海人。
ギャンブル漫画の原作をやれるほどのギャンブル通…のはずなんですが、
その人生は真似しようとしても出来ないくらい波乱と怒涛と衝撃と流浪に溢れている。

司書さん「興味」主人公。後藤漫画の中では年上系か。
アキヒコに興味を持ち、やがて疑問を抱き、そして再び興味が…。 (Hige)

シスコなふたりまんがタウンオリジナルに掲載された作品。
地味な姉と、姉にベッタリな妹と、妹に気がある男…。
読みきり作品だったため、忘れられた(失礼!)作品であったが、
半年のブランクを経て奇跡の復活を遂げる。別名『どきどき姉妹ライフ』。

シチュー引き回しの刑
『オラオラオラ!おまえが丹精こめて作ったシチューがどんどん傷んでいくぞ!』
『お願いです。やめてください!』

七面鳥肉質はキジに近く、カロリーは豚肉の約半分、たんぱく質は1.5倍、脂質は5分の1。
味は鶏肉よりもコクがあり、BSE騒動で注目された事も。
例によって私は食べていないので全国の女子高校生のみなさん、送って下さい。

実録ですよ!パヤパヤライフパピポに連載された短編ものを収録。
後藤さんの体験・伝聞したネタがギッシリ。同人誌『はやの素』のネタも入ってます。
なお、実録ネタに関してはどーしてもネタばれならぬオチばれな書き方になっちゃうので
今の所この事典には入ってません。


シトリン黄水晶。水晶の中に鉄を含み、黄色く発色したもの。
オレンジ・金色のものも。硬度7。紫水晶(アメジスト)を熱処理して黄水晶にすることが多い。
トパーズに似ており比較的安価なため、代用として使われることもある。金運、商売運に効果。 (Hige)

ジニアラブタンシリーズに登場。ベロニカのパートナーの1人。
元ネタはメキシコ産キク科の花の名前。長期間花を楽しめる所から百日草とも。
草丈は低いが鮮やかな色の花をつける。鉢植え・ガーデニングに最適。

信乃信乃&浜路シリーズの主人公。今で言う所の『パピ子』役だった事も。
元ネタは南総里見八犬伝。『孝』の宝玉を持つ八犬士の1人、犬塚信乃。
(映画版では京本政樹が演ずる)

渋沢さんKOIする科学第5話「JUTAIの科学」に登場。
テニス部マネージャー。通称「さきちゃん」。(Hige)

渋沢さん『憐憫』の主人公。好きなのは、かわいそうなもの、それと……。 (Hige)

SHIMARIの科学コミックパピポに掲載。耳年増シリーズ第7話。
数ある後藤作品の中でも、特に莫大な経費を費やした作品(笑)。

ジャスミンロゼットに登場。次男のディルが選んだマテリアル。
元ネタはモクセイ科の花の名前。白色の花を咲かせる。エッセンシャルオイルとして使用され、
その甘い香りはインポテンツ、不感症、鎮静、催淫に効果あり。
中国茶にジャスミンの香りをつけたものは中国・台湾料理に欠かせない。
なお、ジャスミンはエスパーである。(?)

シャナク商事なんなんだシャナク…。呪われているのか…?

修正成人指定に欠かせない『修正』。商業誌では編集部が入れてくれる。
消しの入れ方にこだわりのある人は自分で消したり、
最初から消しの入ったような抜きのある描き方をする場合も。
雑誌掲載時は強い消しが入っていたが、単行本になったらボーナスで消しが減ったという事例もあり。
『修正』の強さについては雑誌ごとに規定がある。
後藤さん関連ではNAMAIKIッ!が強めの修正をかけている。
ヤングアニマルでは汁がデッドラインです』は名言。(←そうか?)
同人誌についても別途ライン決めがあるので注意。
すじ1本以上での女性器の描写と男性器のカリ首がダメ、ドジョウや貝にデフォルメされていればOKなど。

JYUTAIの科学コミックパピポに掲載。耳年増シリーズ第5話。
若かりしころの耳年増保健医、大活躍譚。良い子はマネしちゃダメ。

初級革命講座飛龍編「REAL」で石田君のクラスが演じる演劇。
1972年小説初版で翌年に初演された、つかこうへいの戯曲「初級革命講座・飛龍伝」と思われる。
「飛龍伝」がメインタイトルで「初級革命講座」がサブタイトル。
安保闘争を舞台にしたユーモア作品で、90年代よりリメイクを繰り返し、盛んに演じられるようになる。
最近では2003年、広末涼子を主演として「飛龍伝〜神林美智子の生涯〜」が演じられている。
                                               (HIGE with T)

女性用コンドーム女性の膣内に押し込んで使うタイプの避妊具。
通称『鯉のぼり』。(…。) お、偶然ですがたった今、『日本での女性用コンドームの販売中止』という
ニュースが飛び込んで来ました。(2004年4月21日)あんまり売れないから、だそうで…。
もともと日本の企業がイギリスから輸入して販売していたわけだが、
今後は他の輸入引き受け先が見つからなければ販売を終了する、との事。
買おう!コミックビーム女性用コンドーム!

処女膜強靭症膣の入り口にある通称『処女膜』が頑丈な事。
2000人に1人とも言われる。決して病気では無いので間違えないように。
そもそも『膜』と表現されるが、コーンスープや牛乳に張る『膜』のような膜状のものでは無い。
本来は『ひだ』に近く、血管や神経もほとんど通っていない。男性諸君に分かりやすく書けば、
『処女を失った時に出血』というのは『肛門に割り箸差し込んだら切れ痔』に近い。
このひだ=処女膜が生まれつき分厚い、あるいは膣炎を起こした時の炎症の影響で
(やけどの跡がひきつれるのと同じ)性交に影響が出る事を処女膜強靭症と呼ぶ。
昔の人はもっと簡潔に『皿』(…。)と呼んだ。
麻酔効果のあるキシロカイン系軟膏を使用してHする手もあるが(薬局にもある)、
外科手術であれば点滴麻酔で30分程眠っている間に手術を行う。
『切れ目』をいれて膣の入り口を広げ、傷口は溶ける糸で縫合。
当日ナプキン使用の上で帰宅でき、翌日からシャワーOK、1週間後からお風呂OK!
 3週間後からHもOK!! 手術費用はおおよそ15万円。軟膏は400円程。

シラハマのチーズケーキ
「10コ食べないとおさまんない!!」とみもなさんがバタバタした魅惑の一品は、
神奈川県秦野市のレストラン「ガトーしらはま」のベイクドチーズケーキと思われる。
「しらはまのチーズケーキ」として好評を博し、一時は首都圏のデパートに
多数出店していたが2003年7月に倒産。
なお、現在はチーズケーキ専門店「ガトーよこはま」が「よこはまチーズケーキ」として
商標やレシピを引き継いでいる。
気になるお値段は一番小さい13cmホールで1,575円…友成くんがんばれ!(Hige)

白菊女子音々子の通う高校。…それだけさ!…ああ、それだけだとも!

シロさん新居を構えた後藤さんの前に現れたオスの白ネコ。
後藤さんは手なずけるべくあの手この手を繰り出すが…。
左目に薄い膜が張っていたり毛並みが薄汚れていたりとカワイイといえない要素が多い。
しかし後藤さん曰く『シロさんには可愛くない可愛さがある』とか。
シロさん、と『さん付け』されるだけの威厳がある…のは確か。
『白いニャジラ』、『般若みたい』、『素で心霊っぽい』など、後藤ファンの評判は散々。
でも洒落で『シロさんアイコン』を作ったら『怖くないとシロさんじゃない』なんて意見が大半。分からん。

新藤あき『ピンクとみずいろ』の主人公。性同一性障害でありながら強く逞しく生きる。
生物学的には女の子、精神的にはオトコ。
ふみに対しては突っ込み代わりに数々のプロレス技?を繰り出す。
(しかもナックル、卍固め、腋固め、ストンピング、エメラルドフロウジョン?などレパートリーも多い!)
密かに女の子に人気があるのか、バレンタインチョコも結構もらってますね。
後藤さんによると、『あきちゃんはなかなか扱いづらいキャラだ』そうです。

新藤ふみ『ピンクとみずいろ』の主人公。性同一性障害でありながら強く逞しく生きる。
生物学的にはオトコ、精神的には女の子。自分の体に結構自身あり。ちなみに2人とも17歳。

新藤美冴『ピンクとみずいろ』に登場。あき・ふみの母。
相変わらず保健医。ドジキャラだそうです。ラヴ。





Sweetオールオーバーに登場。おばさんが経営する『喫茶店』。

Sweet&Hotラブタンシリーズ。単行本『ラブタンバリン1 紙とダイヤモンド』にのみ収録。
ほどよく小慣れてきた2人の、そんな或る日のデキゴト。たわいもないように見えるけど、くすっと笑う。
私だけかなぁ。

スイートドロップ単行本『恋するイトコ!』に収録。
一人暮らしの『にぃ』の前に現れた美晴は…。

スキ・キライ単行本『好きより大好き』『オレンジ色の花』に収録。
スキじゃないのにキライになれない事…。

杉之間すぎのま。耕してフォーリンラブに登場。外見は『やさしい大根』。
鍋の材料を持ち寄る際、鶏を2羽絞めて持参したため草柳を驚愕させた。
しかし丸鶏2つだと相当美味い出汁が出そうだな。

好きより大好き単行本名。初期のパピポ掲載作品を収録。
のちに『オレンジ色の花』というタイトルで復刻するが、『はじめて物語』という作品だけは
『好きより大好き』にしか収録されていない。
なお、『好きより大好き』は修正無し、『オレンジ色の花』は修正あり。

スクイズ法いきそうになったら一旦手を離して、カリのあたりを5秒ほど押さえると、
強くなれるらしいぞ!(なにがよ。)「愛すれどせつなく候」で隼生が励んでいたのだが…。(HIGE with T)

スターチス街ロゼットが住んでいた街。元ネタはイソマツ科の花、リモニウムの旧名。
別名ハマハナサジ。波状のしわがある葉が特徴。花は初夏に咲き、花の種類も多い。
ドライフラワーとして愛用される。

ステビアラブタンバリンに登場。べスと同じカフェで働く凛々しいタイプの女性。結婚反対派。
べスに意地悪してますけど、スキなんでしょうね。
元ネタはキク科の花。ギザギザした葉が特徴。春〜秋に白く非常に小さな花を付ける。
80年代に甘味料の一種として注目されたが、発ガン性の疑いが出たために一部外国では使用禁止。
日本ではステビアを肥料として使用する事で旨み・糖度を増す『ステビア野菜』が販売中。

スナップえんどうえんどうには3種類あって、さやごと食べるおなじみ『さやえんどう』、
グリーンピースと呼ばれる『実えんどう』、そしてこの『スナップえんどう』である。
スナップえんどうは、グリーンピースをサヤごと食べられるようにしたもので、
歯切れの良い食感と甘味が特徴。スナックえんどう、さとうざやなどとも呼ばれる。
そうそう、スナップとは『噛み付く』の意味。
別にいろんな品種を交接したわけではないので勘違いしないように! (Hige)

SNOW DROPシスコな2人に登場。高山椎子・麻衣子の経営する雑貨屋。
上手くすると丼がいただける?(…。)元ネタは、ちえさんのアルバイト先で今はもう無い。  (まさふゆ)

SNOW DROP花の主人公、瑠璃さんが働く花屋。
元ネタはヒガンバナ科の花の名前。花が下向きに咲く。『ユキノハナ』、『マツユキソウ』などの別名あり。

スミちゃん2人のヨロコビの主人公。フツーの女の子は悩みます。
私にかっこいいカレシがいるのはどうして?

寸胴鍋ずんどうなべ。あゆこが寸胴鍋いっぱいに何かを作るシーンがある。
ワタクシの分析に因れば、あの鍋は直径30センチサイズ、20リットルものである。
市販価格はおおよそ6000円。(一般家庭の片手鍋は2リットル)
あゆこの何かは味噌汁にして80杯以上。いくらなんでもやりすぎである。





性同一性障害GenderIdentityDisorder(ジェンダー・アイデンティティー・ディスオーダー)。
『生物学的には正常で、自己の肉体的性別を認識出来るが、人格的には別性である』事。
略してGIDとも。
生物学的女性で、男性としての認識を持つ=FTM(female to male)、
生物学的男性で、女性としての認識を持つ=MTF(male to female)に分けられる。
日本では5000人程度いると推測されているがそもそもの原因はいまだ解明されてはいない。
治療(と呼ぶべきなのか)としては、
カウンセリングなどの『精神的治療』、
ホルモン投与などの『内分泌的治療』、
俗に性転換手術と呼ばれる『外科的治療』の段階を踏む事になる。
なお、『性同一性障害』なる響きには違和感を覚えるかもしれないが、
かつての同性愛がそうであったように、社会からの理解がすすめば
『〜障害』と言う表現も変わるであろう。そのためには生理的嫌悪感はともかく理解する事が第一である。
(納豆が食べられない事と納豆が好きな人を嫌う事は別、です)
是非『ピンクとみずいろ』を読んで理解への第一歩を踏んで頂きたい。


SEIZUKIクスリ。さしずめズイキエキス配合か?

性の先進国1970年代、スウェーデンに対して日本人の多くが持っていたイメージ。
「スウェーデンはフリーセックス」など、やや誤解をはらんだ意味が含まれている。
ふぁみレスのまりあ先生は、21世紀になってもこのイメージを持っていた。
スウェーデンは60年代にポルノが解禁され、世界的なポルノ解禁の流れに影響を与えた国である。
また同棲・事実婚(サンボ)が一般的で、連れ子ありのカップル(ステップファミリー)が珍しくないこと、
就学前から性教育を行うことなど、性に対して開放的な環境がある。 (Hige)

SEIRIの科学コミックパピポ掲載。耳年増シリーズ第6話。
ジェネレーションギャップがテーマの短編。

世界で一番おいしいくだものフルーツMIXに収録。
元家庭教師の杏子と元教え子の貴弘。ちょーっと年が離れているのがタマにキズ? 
『必要とされる』っていいねえ。

舌苔ぜったい、と読む。舌の表面に出来る苔(こけ)状の物体で、正体は細菌。
乾燥したり体調が悪い時は殖える。舌苔は口臭の原因と思われている節があるが、無関係。
歯ブラシなどできつくこすり落とすと味覚細胞を破壊するので注意。

セリセリ科セリ属の野草。7〜8月に白い花を咲かせる。
競り合って生える事、煮て食べるとセリセリと音がする事が語源とか。春の七草のひとつ。
若い芽や葉は食用になる。その歴史は古く、江戸時代にセリ料理を詠った川柳もある。
汁の実、天ぷら、卵とじ、サラダ、漬物、茹でればおひたし・和え物。根はキンピラに使われる。
独特の香りが生臭さを消すとして、鴨鍋や牡蠣鍋に入れる事も。
葉に含まれる成分が発汗作用があり、葉を乾燥させてお風呂に入れると肩こり・神経痛に効果アリ。
生の絞り汁を飲めば解熱に、塗ってマッサージすればしもやけに効果あり。
漢方では胃腸、水虫(!?)に効き目があるとか。
セリとよく似ている毒ゼリという野草もあり、こちらは根に節がありセリより大きく香りが無い。
トリカブトやドクウツギと並んで、日本三大毒草として名高く、痙攣性神経毒のシクトキシンが含まれる。
誤食すると30分から1時間でノドの痛み、嘔吐、腹痛、下痢などを起こし、
痙攣、呼吸困難から死に至る場合も。致死率は30%を超えると言われる猛毒。
なお、この毒素は皮膚からも吸収されるため要注意。


セロテープCOMICパピポ2000年10月号収録。奴隷シリーズ。「未必の恋」に続く最終作。
単行本『泣きたがりの花』に収録。
千代と同じ痛みを知ろうと、無理をして奴隷になる史生に、女王様・リコは───。
「主人」と「奴隷」。週に一度、その場限りの「役」でしかない微妙な関係を、
セロテープに例えた文学的香りのする作品。(HIGE with T)

先行販売フランス書院が単行本を出版する際に行っているとされる慣習。
正式な発売日の半月〜3週間前くらいに、一部書店に小部数を卸し、
その売れ行きを発行部数に反映させる、というもの。
つまり、発売日はまだまだ先なハズなのに後藤さんの新単行本を見かけたという場合、
それがフランス書院のものなら、海賊版でも幻でも勘違いでもなく、
正真正銘本物の可能性があるのだ。(一応確認しようね)
先行販売が行われる店舗は東京の山手線沿線を中心に、おおむね決まっていて、
大阪や名古屋でもあるらしい。
通は発売日の3週間程度前になると、その店舗に足繁く通って、先行販売本の有無をチェックするのだ。
先行販売本が売れるほど発行部数は多くなるので、後藤さんの新刊を発売日前に見かけたら
逃さず買おう!!     (匿名希望)

洗濯板洗濯の際に用いる、のこぎり状のでこぼこを持つ板。
これに洗濯物をこすりつけることで汚れを落とす。
戦後、洗濯機によってその地位を追われ、目にすることはまずなくなった。
しかし後世に伝えるべき価値があるとして、ちゃぶ台などと共に文化財指定の動きがある。
なお、その形状から「貧弱な胸」を表わすこともある。(Hige)

センタクイタ。「フルーツMIX」収録。
洗濯板の意外な意味が明らかに。中年(オジサン)って…(Hige)





ソニアラブタンシリーズに登場。サブリナのお友達。
元ネタはフランス産バラの品種。花の色はサーモンピンク。

そらいろ女の子パヤパヤ発行の同人誌。
『どきどき姉弟ライフ』主人公あゆこの両親のお話。バリバリの成年向け。
あゆこの父の名前は後藤さんのお父さんそのまんまなため、当人には絶対見せられないそうだ。
あゆくまと違い、通販ルートに載らなかったので入手しにくく、オークションでは高値が付く。
収録作は『FERTILE』。『肥沃な、多産な、繁殖力のある』などの意味を持つ形容詞。

そらこヘアー髪を切りに行く時間の無かった川澄あゆこがヘアピンなどで完成させた
急場しのぎのヘアスタイル。本人はまったく意識していなかったようだが
あゆこの実母であるそらこさんにそっくり。読んでいた私もかなりビックリした。似合うのになぁ。

『か段』に進む トップに戻る 『た段』に進む